前へ
次へ

不動産登記で地上権を登記する意味は何か

住宅を建てるときは通常は土地を購入してその上に建てるでしょう。
土地も建物も自分のものなので、自分で売買をしない限りには立ち退きなどを言われたりはしません。
しかし住宅を建てるときの方法として土地を借りる方法があり、その時は土地の所有権が無いのにその上に自分が所有権を持つ建物を建てて住むことになります。
土地を貸してくれた人から立ち退きを要求されることはないでしょうが、所有者が変わると立ち退くように言われる可能性があります。
それを防ぎたいのであれば不動産登記として地上権の設定をしておくと良いでしょう。
ある人が所有する土地に対して地上権を設定しておくと、所有者が変わったとしてもその地上権はそのまま維持されます。
ですから新たな所有者に対して土地を借りて住み続ける権利が主張できるので立ち退く必要はありません。
もし不動産登記をしていなければただ土地を借りているだけになってしまい、新たな所有者の意向で立ち退きを要求される可能性が出てきます。

Page Top