前へ
次へ

マンションのモデルルームは不動産登記が必要か

新築の分譲マンションが建設、販売されるときは、建築中から販売活動が行われています。
販売をするに当たってはマンションの間取りや設備がどうなっているかなどを購入希望者に示す必要がありますが、建築中なので見せることができません。
そこでマンションの建物とは別にモデルルームを建ててそちらで見学などをしてもらうことがあります。
マンションのモデルルームの建設ではかなり本格的な建築工事が行われ、もちろん基礎なども汲んだ上で建てられます。
不動産登記が必要な建物として定着性があり、その点から見るとマンションのモデルルームは不動産登記をしないといけない建物のように感じます。
ただ必要な条件として永続性があり、長く利用その地に定着して利用されるかどうかが問われます。
マンションのモデルルームは販売が終了したり建物が完成すれば取り壊されるので、永続性はないと言えるでしょう。
その他イベントのために一時的に建設される建物なども登記の対象から外れます。

Page Top