前へ
次へ

不動産登記できる権利で地上権と賃借権の違い

土地を借りるときには土地の所有者と賃貸借契約を結びます。
通常はその契約のみのこともありますが、将来的に所有者が変更した時に権利を主張するためには不動産登記をして置くのが良いかもしれません。
それによって賃貸借契約を行っている所有者が別の所有者になったとしても、土地を借りて利用する権利を主張できるようになります。
土地を借りて利用する時には不動産登記として地上権を設定するか賃借権を設定するかの選択があります。
どちらも土地を借りて利用する権利に関する登記ですが、自由度の高いのは地上権と言えるでしょう。
地上権が登記されていると、基本的にはその土地を自分の土地と同じように使えます。
他人に貸すのも自由に行えるので、借りた土地を貸すなども行えます。
一方賃借権は賃貸借契約に基づく範囲での利用になり、権利を自由に他人に譲渡して又貸しすることができません。
登記をするときはどちらで登記するかを考えて行う必要があるでしょう。

Page Top