前へ
次へ

自宅に付属する倉庫は別途不動産登記が必要か

自宅の敷地にはまずは住居のための建物を建てるでしょう。
もちろんその建物は不動産登記が必要になります。
土地に関しても別途登記が必要です。
ではそれ以外にその敷地内に建物を建てたり設置物を置いたりしたときにはどうなるかです。
不動産登記のルールとして土地に定着しているかどうかがあり、ただ置いている設置物に関してはいくら居住する用途のものでも登記は不要です。
簡単に移動できる小屋などを置いてもそれは登記する必要がありません。
一方大きなものを置くために土地に定着させて物置を建てることがあります。
また家族が複数あるときに母屋に対する離れとして小さい小屋を建てるときがあるでしょう。
一応登記のルール上はこれらの建物に関しては定着している附属建物として登記が必要になります。
ただ同じ敷地内に設置しているのであれば主要な建物の登記と同じ建物として記録することができます。
将来的に別々に売ろうとするのであれば別に登記をすることも可能です。

Page Top