前へ
次へ

新たに不動産登記するケースに分筆

不動産を取得すると不動産登記に関する手続きをするでしょう。
このとき多くは前の所有者から購入することになるので名義変更の形を取ります。
つまりは新たに登記が発生するわけではありません。
日本においては色々な土地がありますが、国有地であれ私有地であれほとんどの土地が既に登記されている状態です。
となると今後新たに不動産登記される土地はないかです。
もちろん埋め立てなどによって新たな土地が作られればそれが大将になるでしょう。
日常的にも新たに発生するケースがありそれが分筆になります。
土地の単位は筆とされていて、一区画が一筆になります。
親から土地を相続するときに子供が複数人いるときに平等に分けたいと考えるときがあります。
そこで一筆を分筆して登記をすることでそれぞれの土地の登記が行えます。
分筆をしたときには以前の登記情報とは別に新たな登記に関する情報が作成されるので、名義変更にはなりません。
不動産会社が分譲するときなどにも分筆が行われます。

Page Top